校長挨拶

 


 東京都立葛飾盲学校のWebサイト(ホームページ)にアクセスしていただき、ありがとうございます。
 校長の田島 忍(たじま しのぶ)と申します。

 令和2年度が始まりました。本年度の在籍数・学級数は、幼稚部6名(3学級)、小学部21名(8学級)、中学部16名(6学級)の、計43名(17学級)でスタートいたします。また、寄宿舎入舎生は22名となっております。

 本校は、昭和37年に東京都立文京盲学校から分離・開校し、初年度は小学部、翌年の昭和38年に中学部、そして、昭和45年に幼稚部を設置いたしました。また、開校当初より寄宿舎を設置しております。

 以来、視機能の有効活用や補助具等の活用、視覚以外の機能を積極的に活用する指導など、半世紀以上にわたり、東京都東部地区の視覚障害を有する幼児・児童・生徒一人一人の「見えない・見えにくい」状況に配慮した、専門性の高い教育を実践するとともに、その組織的な維持・向上のために、教育内容や方法の改善・充実に努め、校内での研究・研修を推進しております。

 加えて、視覚障害教育のセンター校として、0歳からの親子育児相談や早期教育相談を随時実施するとともに、視覚障害を有する地域の方々からの御相談を受け、そのニーズに応じた支援を通して、時代の要請に的確に応え、地域に根ざした盲学校となるよう努めております。

 皆様方には、是非お気軽に御参観や御見学に御来校いただき、視覚障害教育についての御理解をより一層深めていただくとともに、本校の教育活動の更なる充実のために、御意見や御感想をお聞かせいただければ幸いです。

 また、このWebサイト(ホームページ)では、各種の御案内、学校通信や公開行事のお知らせの掲載をはじめ、本校の活動の様子について、できるだけ多くお伝えしてまいりたいと考えております。どうぞ御覧ください。

 本年度も、教職員一同が一丸となり、「自立と自律を目指して 〜 一人一人の可能性を広げ、主体性を高める学校 〜」を目指す学校像として、その実現に向けて、教育活動を推進してまいります。

 保護者の皆様方をはじめ、地域の皆様方、関係機関の皆様方には、ますますの御支援と御協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。



令和2年4月1日
東京都立葛飾盲学校長  田島  忍

トップページに戻る