校章のロゴ 学 校 通 信 平成30年2月23日
東京都立葛飾盲学校長
山岸 直人
(第13号)

研究発表会に参加して

副校長  岡田 憲昭

早いもので3月22日の修了式、卒業式まで残り1か月となりました。校内においては当日に向けて準備を進めています。当日が修了生・卒業生にとってもまた在校生にとっても良き節目の式となるよう学習を積み重ねて参ります。御家庭におかれましては、全員が参加できるよう引き続き体調管理等の御協力をお願いいたします。

 

さて、2月16日に交流校の青葉中学校が開催された研究発表会に参加してまいりました。青葉中学校は平成28・29年度葛飾区教育委員会の人権教育の指定校として研究を進められてきました。そして人権教育を進める上での柱の一つが本校との交流及び共同学習の取組であると位置付けて研究を進めてこられました。そのような中、昨年度は第1回の青葉中学校、葛飾ろう学校、本校との3校合同音楽交流会が開催されました。今年度はその取組を一歩進めようと企画の段階から代表の生徒同士で相談を重ね、当日を迎えました。音楽交流会を通しての取組は、本校の中学部の生徒たちにとっても良い学びの機会となったと思っております。

 

昨年公示された新しい特別支援学校学習指導要領には、交流及び共同学習について次のように示されています。

「他の特別支援学校や、幼稚園、認定こども園、保育所、小学校、中学校、高等学校などとの間の連携や交流を図るとともに、障害のない幼児児童生徒との交流及び共同学習の機会を設け、共に尊重し合いながら協働して生活していく態度を育むようにすること」

将来の共生社会を視野に入れて、共に尊重し合いながら協働して生活していく態度を育むためには、どのような交流及び共同学習を行っていけば良いのか。また副籍交流についてもどう充実させていけば良いのか。幼児・児童・生徒たち一人一人にとって良い学びの機会となるよう、交流校や相手校の協力をいただきながら、今よりも一歩進めていきたいと思っております。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。